中古の農作業機械

既に使用しなくなった農機具の買取を専門的に行なっています。気になる査定額は高いと大評判ですよ。依頼は今すぐメールにて!

日本製の中古農機具が海外へ

日本製の中古農機具は、性能の高さやメンテナンス状態のいいことで海外では有名です。アジアやアフリカなどの途上国では、日本製の中古農機具に高い人気が集まっています。そのため、日本の中古農機具を買取り、必要なメンテナンスを施した後、それらの国に輸出するというビジネスが登場しました。ほとんどの業者が直接海外へ直接輸出するルートを持っていることから、日本国内で中古農機具を買取る際には、比較的高値の査定を出してくれる傾向があります。かつては、古い農機具はガラクタとして処分するか、スクラップとして買取ってもらうしか方法がなかったので、現在の状況は処分する側にとっても、仲介する業者にとっても、さらには、海外のユーザにとっても、望ましいと言えるでしょう。

ネットを利用した査定手続き

これらの業者に共通している特徴はインターネットの活用です。買取ってもらいたい農機具がある場合、まず、これらの業者に電話やメールで連絡します。つぎに、担当者に対象の農機具に関する詳細情報を伝えることになります。あるいはネット上で、必要な情報をメールで送信するという方法のあります。メーカーや機種、年代、使用状況などでざっくりとした査定金額が出る場合もあります。しかし、最終買取価格は担当者が現場に来てから詳細な査定を行うことで提示されるので、この点は確認しておく必要があります。帆トンの日本産メーカーのトラクター、ヤンマー、クボタのコンバイン、田植え機ならヤンマー、クボタ、イセキなどが人気のある機種です。クボタの上位機種のトラクターの場合、100万円から200万円近くの査定金額が出るケースもあると言われています。買取業者の欲しがっているメーカーや機種についての情報を含め、業者側とよく相談することをお勧めします。